エラの除去専門

医者

正しい治療法

ボトックス注射によって小顔になるためには、特定の条件が必要になります。ボトックス注射の効果があらわれるのは筋肉なので、小顔効果を得るためには悩みの原因が筋肉によるエラであることが必須条件です。原因が骨格や脂肪、むくみによるものだった場合、ボトックス注射を施してもまったく効果はありません。骨切りや脂肪吸引、リンパマッサージなど、それぞれ適した別の小顔矯正治療を受けるのが最適です。しかし素人である患者自身が原因をエラと特定するのは至難の業です。その場合はとりあえずクリニックを予約し、担当医に診断してもらった上で最適な治療法を提案してもらうのがよいでしょう。もし悩みの原因がエラではなかった場合はボトックス注射が受けられませんが、小顔矯正の治療自体には着手することが可能になります。悩みがエラであった場合はそのままボトックス注射による治療を始められますが、同時にほかの治療方法も提案されるかもしれません。軽度ではありますが副作用が伴う小顔矯正ですので、リスクを恐れる患者のための対策としていろんな角度の治療法を提示してくれます。それらの注意事項を確認し、副作用に納得した上で治療を希望すれば、施術に着手する形になります。副作用は人によってさまざまな症状がありますが、内出血や顔のたるみ、施術部の違和感などが代表的です。どれも数時間から数日間で消えてしまうものですが、いつまでも不調が続くようであれば担当医に相談する必要があります。対策で服薬などを行なう場合も、担当医からの許可を得てからのほうが安心です。ボトックス注射による小顔矯正治療は、エラの除去専門となります。ボツリヌス菌という筋肉の発達を抑える特殊なたんぱく質を注入することで、エラのもととなっている筋肉を小さくします。エラはもともと噛むための筋肉である咬筋という部分が発達したもので、普段から固いものを好んで食べたり食いしばる癖があったりする人が悩みやすいとされています。ボトックス注射を施すと筋肉に入る力が遮断されて弱まるため、余分に発達するのを防ぐことができ、食いしばりの癖がある人は歯への負担を軽減できるなどの効果も期待できます。治療自体は注射を施すだけなので、所要時間は数十分と短く、ダウンタイムも少ないお手軽さです。針を刺した部分に数日間内出血があらわれますが、メイクなどでごまかすことが可能です。効果は数か月かけてゆっくりとあらわれてくるため即効性はありませんが、急に変化しないため小顔矯正がばれたくない人にとっては願ったりかなったりの矯正方法です。ただし効果は永続ではありませんので、小顔を持続したい場合は様子を見ながら定期的に通院する必要があります。効果の持続性は個人差があり、担当医と相談しながら継続して施術を施していく形になります。もしくは途中でボトックス注射から別の小顔矯正法に変更することも可能です。手術などで永続するような小顔矯正をするまでの間のつなぎとして、ボトックス注射を施すというのもひとつの手段でしょう。途中で辞めても副作用などはなく、1回の料金もそれほど高額ではないため、お試し感覚で施術を行なってみるのも良いでしょう。

Copyright© 2018 効果的な小顔治療【筋肉にボトックス薬剤を注入する美容整形】 All Rights Reserved.