原因はどこから|効果的な小顔治療【筋肉にボトックス薬剤を注入する美容整形】

原因はどこから

注射

相性が大事

ボトックス注射は小顔整形治療としても人気ですが、充分に小顔効果を得るには悩みの原因がエラであることが条件となります。ボトックス注射は筋肉に作用して発達を抑え、筋肉そのものを小さくする効果があり、エラに注射することで顔のサイズが小さくなります。しかし、顔を大きくしているのが脂肪やむくみなど、筋肉以外のものだった場合はまったく小顔効果は得られません。小顔矯正治療のために美容整形外科を受診した際、まずは担当医が原因を調べますので、そのときに適した治療法をいくつか提案してくれるはずです。原因の中に筋肉が関わっていなかった場合は、ボトックス注射以外の治療方法を提示されますので注意が必要です。また、ボトックス注射を受ける際は、治療実績が豊富なクリニックを選びましょう。注入するボツリヌス菌は見定めが難しく、量に過不足があると充分に効果を発揮しない可能性があります。この見定めは医師の経験がなせる業ですので、クリニックのホームページやネットの口コミなどで事前に確認することをおすすめします。そしてクリニックを選ぶときは1つに集中して調べるのではなく、いくつかのクリニックを比較して、一番信頼できそうなところに決めるのが良いでしょう。すでに受診してカウンセリングを行なっていても、契約がまだであればキャンセルも可能ですので、不安点があったり合わないなと感じるところがあればまだ間に合います。顔の印象を変える治療になりますので、心配なことがないように慎重に施術を始めることをおすすめします。ボトックス注射は施術を行なってから効果があらわれるまでに時間を要します。個人差はありますが、1か月から2か月ほどかけてじっくりと効果が出始めます。少しずつ変化していくので、周りの人々は小顔矯正を行なったことに気が付かないかもしれません。患者本人からするとなかなか効果が実感できずじれったく感じるかもしれませんが、着実に小顔に近づいていきますので心配しなくても大丈夫です。また、初めてボトックス注射を受けた場合は施術直後の違和感に驚くかもしれません。特にアゴの違和感や食べ物の噛みづらさなどの症状がかなりの確率であらわれます。これはエラのもととなっていた筋肉にボトックス注射の成分がしっかりと作用している証拠です。これらの症状はたいてい1時間から2時間ほどで消えることがほとんどです。くれぐれも、変な感じがするからといって自分で揉んだり、マッサージをしたりなど下手に刺激を与えないように注意してください。もし数日たっても違和感が消えず心配な場合は、担当医に相談して指示を仰ぐのがよいでしょう。また、ボトックス注射は効果が永続せず、効果が切れたら元に戻ります。この治療方法が自分には合わないと感じた場合は、効果が切れ次第、別の小顔矯正治療へシフトチェンジしても構いません。効果が切れるのはだいたい半年から1年前後と言われています。担当医と相談し、注入量を調整するか治療方法を変更するのもいいかもしれません。治療方法は手軽で受診しやすいですが相性がありますので、柔軟に治療を行なっていくと良いでしょう。

Copyright© 2018 効果的な小顔治療【筋肉にボトックス薬剤を注入する美容整形】 All Rights Reserved.